オリジナルへのリンク
本文 注釈 現代語訳 ローマ字版
修正版 修正版 修正版 修正版
比較 比較 比較 比較

第九帖 葵


光る源氏の二十二歳春から二十三歳正月まで近衛大将時代の物語

この帖の主な登場人物
登場人物読み呼称備考
光る源氏 ひかるげんじ 大将の君
大将
大将殿
男君
二十二歳から二十三歳
参議兼近衛右大将
頭中将 とうのちゅうじょう 三位中将
中将の君
中将
葵の上の兄
桐壺帝 きりつぼのみかど
光る源氏の父
弘徽殿女御 こうきでんのにょうご 今后
桐壷帝の女御
東宮の母
藤壺の宮 ふじつぼのみや 后の宮
中宮
桐壷帝の后
光る源氏の継母
葵の上 あおいのうえ 大殿
殿
姫君
光る源氏の正妻
六条御息所 ろくじょうのみやすどころ 御息所
光る源氏の愛人
紫の上 むらさきのうえ 姫君
二条の君
対の姫君
女君
光る源氏の妻
朧月夜の君 おぼろづきよのきみ 御匣殿 右大臣の娘
弘徽殿女御の妹
朝顔の姫君 あさがおのひめぎみ 姫君
朝顔の宮
式部卿宮の娘
光る源氏の恋人の一人

第一章 六条御息所の物語 御禊見物の車争いの物語

目次 和歌

第一段 朱雀帝即位後の光る源氏

第二段 新斎院御禊の見物
20行影をのみ御手洗川のつれなきに
身の憂きほどぞいとど知らるる
9行

第三段 賀茂祭の当日、紫の君と見物
14行はかりなき千尋の底の海松ぶさの
生ひゆくすゑは我のみぞ見む
16行千尋ともいかでか知らむ定めなく
満ち干る潮ののどけからぬに
25行はかなしや人のかざせる葵ゆゑ
神の許しの今日を待ちける
28行かざしける心ぞあだにおもほゆる
八十氏人になべて逢ふ日を
30行悔しくもかざしけるかな名のみして
人だのめなる草葉ばかりを
9行

第二章 葵の上の物語 六条御息所がもののけとなってとり憑く物語

目次 和歌

第一段 車争い後の六条御息所

第二段 源氏、御息所を旅所に見舞う
10行袖濡るる恋路とかつは知りながら
おりたつ田子のみづからぞ憂き
14行浅みにや人はおりたつわが方は
身もそぼつまで深き恋路を

第三段 葵の上に御息所のもののけ出現する
4行

第四段 斎宮、秋に宮中の初斎院に入る
15行嘆きわび空に乱るるわが魂を
結びとどめよしたがへのつま

第五段 葵の上、男子を出産

第六段 秋の司召の夜、葵の上死去する

第七段 葵の上の葬送とその後
6行のぼりぬる煙はそれとわかねども
なべて雲居のあはれなるかな
10行限りあれば薄墨衣浅けれど
涙ぞ袖を淵となしける
20行人の世をあはれと聞くも露けきに
後るる袖を思ひこそやれ
26行とまる身も消えしもおなじ露の世に
心置くらむほどぞはかなき
6行

第八段 三位中将と故人を追慕する
11行雨となりしぐるる空の浮雲を
いづれの方とわきて眺めむ
14行見し人の雨となりにし雲居さへ
いとど時雨にかき暮らすころ
19行草枯れのまがきに残る撫子を
別れし秋のかたみとぞ見る
22行今も見てなかなか袖を朽たすかな
垣ほ荒れにし大和撫子
24行わきてこの暮こそ袖は露けけれ
もの思ふ秋はあまた経ぬれど
28行秋霧に立ちおくれぬと聞きしより
しぐるる空もいかがとぞ思ふ
23行

第九段 源氏、左大臣邸を辞去する
20行なき魂ぞいとど悲しき寝し床の
あくがれがたき心ならひに
22行君なくて塵つもりぬる常夏の
露うち払ひいく夜寝ぬらむ

第三章 紫の君の物語 新手枕の物語

目次 和歌

第一段 源氏、紫の君と新手枕を交わす
18行あやなくも隔てけるかな夜をかさね
さすがに馴れし夜の衣を

第二段 結婚の儀式の夜
8行

第三段 新年の参賀と左大臣邸へ挨拶回り
11行あまた年今日改めし色衣
着ては涙ぞふる心地する
14行新しき年ともいはずふるものは
ふりぬる人の涙なりけり
このページは再編集プログラムによって2012/8/19に出力されました。
源氏物語の世界 再編集プログラム Ver 3.28: Copyright (c) 2003,2012 宮脇文経